治療を中断するリスク

治療は途中でやめないでください

治療は途中でやめないでください

虫歯や歯周病は、ごく初期をのぞいて自然に治ることはありません。治療を途中でやめてしまうと、口腔内の健康状態が悪化し、最悪の場合は抜歯しなければならないというケースもあります。日々のお仕事などでスケジュール調整が難しいときもあるかと思いますが、例え何らかのご事情で治療をキャンセルされても、決してそのまま中断されてはいけないのです。

治療を中断するリスクについて

仮歯のままで治療を中断しないでください
仮歯のままで治療を中断しないでください

仮歯というのは後日取り外しやすいように作られていて、長期耐久性があるものではありません。仮歯のまま数ヶ月放置された場合、最悪の場合、神経を失う結果になったり、歯の中で虫歯が大きく拡がって抜歯が必要になってしまう場合もあります。治療の中断は非常に危険であることを知っておいてください。

抜歯後の適切な処置を行ってください
抜歯後の適切な処置を行ってください

抜歯後は失った歯を補う処置を受けてください。歯のない部分をそのままにしておくと、周りの歯がそこに倒れてきたり、反対のあごの歯が伸びてきたりすることがあり、歯並びやかみ合わせが悪くなってしまいます。噛みにくくなるばかりでなく、残った歯の負担が大きくなり寿命を縮めてしまったり、あごの関節を痛めてしまう場合もあります。

当院が予約制にしている理由

当院が予約制にしている理由

当院は予約制とさせていただいていますので、ご来院の際は事前にご予約をお願いします。

理由1 できるだけ待ち時間が少なくなるよう

もし予約制にしないと、例えば朝一番に受付に駆け込み、一瞬の違いで待ち時間が大きく変わるようになります。待ち時間を少なくするように、皆様の大切なお時間を無駄にしないよう、予約制とさせていただいています。

理由2 「行きたい時に通院」では、なかなか治療が進みません

処置に必要な適切なお時間をご用意させていただいてのご受診で、計画に沿った治療が可能となり、より短期間に治療が終了します。

理由3 遅刻や直前キャンセル、無断キャンセルの影響は・・・

遅刻をされますと、次に受診される患者様がお待ちになられたり、時に予定された治療内容を短縮せざるを得なくなり治療が進みにくくなったりします。また、直前キャンセルや無断キャンセルにより、当院の医療の質の維持が困難となり、皆様の大切な歯を全力で守っていくことができなくなってしまいます。歯を大切に考えられて当院に通院されている多くの患者様のためにも、やむを得ないご事情を除きなるべく直前キャンセルや無断キャンセルを控えていただきたいと思います。

診療予約はこちらへどうぞ